未分類

スペイン語と他の言語の違い 学習は難しいのか

投稿日:

スペイン語

昔見ていたテレビ番組中である人がスペインで(もしくはフランスであったか)シャンソンの公演を行った際、講演後にとある観客との雑談が印象的だったと話されていた内容が興味深く、今でも記憶に残っています。 高齢のスペイン人の観客は、ドイツ語は馬の言葉だ、フランス語は恋人に愛を囁く言葉だ、イタリア語は詩の言葉だ、そしてスペイン語は神の言葉だ、と言うお話でした。詳細は違うかもしれませんが、このような感じでした。美輪さんは日本語はどうなのかを聞き忘れてしまったとおっしゃっていましたが、言いえて妙な言葉の解説です。スペイン人だから、自分達の国の言葉であるスペイン語を神の言葉と言ったのよと笑っていましたが、ずっと神の言葉とはどういうことなのだろうと気になっていました。 それがぼんやりとわかるような気がしたのは、スペインが同じヨーロッパのキリスト教圏でありながら、聖週間における司祭の装束が際立って特異な様子を見た時でした。信仰心としてプリミティブという言葉が的確かどうかはわかりかねますが、画像では怖い印象ですが、実際を見た人はとても感動的な光景なのだそうです。 先日偶然「太陽」「月」「星」を外国語で何というかというQ&Aのページに行き着き、興味深い内容を発見しました。あくまで個人的な感じ方で言葉全体ではなく単語の響きだけの印象ですが、日本人は、スペイン語やイタリア語に親近感を持ち、感覚的な理解を示すのではないかとおもいました。星を例にとってみると、スペイン語:Estrellaエストレージャ月のルナ同様神秘的な感じイタリア語:stellaステッラ  耳になじみがある語感です。。ポルトガル語:Estrelaエストレーラ スペイン語に似ていますが、スポーティな感じドイツ語:シュルテン 分かりやすいのですが確かに無骨ですねえ…。アラビア語:ステラ 無駄のない男の言葉と言う感じですロシア語:звезда(ズヴェズダー) 寒いからでしょうか。ヒンドゥー教:sitaraシターラー 英語の影響と思えばわかるような気もします。中国語:Xing(シン)見た目からくる言葉のようです。ギリシャ語:アステラス 神話感がただよっています。スペイン語の歌は、歌詞の語感が情熱的ではなく、神秘的な要素もあるからなのでしょうか。一度スペイン語や他の語学に詳しい人に解説していただきたいと思っています。

スペイン語は割と簡単

スペイン語と他の言語を比較すると、スペイン語の勉強って結構簡単なんですよね。
どんな風に勉強したらいいのか分からないという人はスペイン語簡単かどうかついて書いてあるこのサイトを参考にしてくださいね。

-未分類

Copyright© 20代フリーターの雑記ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.