メコン川クルーズ ホーチミン発

未分類

ホーチミン発のメコン川クルーズについて...

更新日:

メコン川クルーズ ホーチミン発
中国チベットを源流に六カ国に跨がって流れる東南アジア最長のメコン川をご存知の方が多いはずです。そんな国際河川のメコン川を堪能できるためのツアーがあります。メコン川クルーズはベトナムのみならず河川、支流の流れる地域では人気のあるアクティビティの一つです。そのなかでもホーチミンから二時間のベトナムの港湾都市ミトー・メコン川クルーズは多彩なメニューがあり人気の高いツアーです。ホーチミン発のドアトゥドアでツアーは構成されていますので面倒な手続きが必要ないのは魅力といっていいでしょう。ミトー市について、手漕ぎボートに乗ればジャングルクルーズの開始です。マングローブが両岸に植生する光景、水面に見える魚、ジャングルの間にかいま見える南国独特のカラフルな鳥達、異国情緒溢れる風景をを、あなたは堪能できることは間違いなく、メコンの世界に引き込まれていくはずです。

メコン川クルーズ名物エレファントフィッシュ

象耳魚とは東南アジア、南アジア一帯にすむグラミーのなかでも色、形とも象の耳似ているとされるジャイアントグラミーを指している場合が多いです。メコン川流域一帯にも生息していますが、既にベトナムなどを中心に養殖に成功している場所もあります。メコン川ツアーの開催地ミトー市でも例に漏れず自然、養殖両者を使った料理が名物料理の一つとして知られています。淡水魚特有の泥臭さを懸念される方も多いはずですが、油を豊富に使っているせいか、その特有の臭みは軽減され、気にならないレベルになっていることが多いさずです。食べ方はシンプルにそのままでも美味しいはずですが、ウェイターやウエイトレスが丁寧に切り分けて、サーブしてくれます。その切り身をライスペーパーに載せて他の野菜を載せて、生春巻状態にしていただくのが名物料理として有名です。スズキ目の魚だけあってあっさりとたんぱくな味わいですが、それゆえにベトナムのトゥオンオットやトゥオンオンデンとの相性がよくおすすめです。ニョクマムとたっぷりハーブで日本風に近い味わいで食べても美味しいのが嬉しいところです。

メコン川クルーズ・ホーチミン発

-未分類

Copyright© 20代フリーターの雑記ブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.